横置き直列エンジンの特色

私たちの生活において必需品と言っても過言ではない自動車。
通勤、通学、レジャーや買い物など、現代人の生活の足として多くの人が運転免許証を取得し、快適な自動車ライフを送っています。また、趣味として自動車を楽しむ人も多く、私たちの日常に密接に関連しています。

そんな自動車を選ぶ際、最も重要な要素の一つとしてエンジンが挙げられます。
エンジンは自動車の心臓部であり、安定性や走行性能などに大きく影響します。

重要な部品の一つであるエンジンについては是非とも種類や特徴を知っておきたいもの。
そこで、エンジンの種類のうち、メジャーなものの一つである横置き直列エンジンについて解説をします。

直列エンジンというのは、レシプロエンジンの中でもピストンがまっすぐに一直線に並んでいるものを言います。
直列エンジンの中でさらに縦置きのものと横置きのものがあります。

直列エンジンは長さのあるエンジンであると言えますが、横置きのものの場合、エンジンスペースを小さくでき、車内スペースを広くできるという特徴があります。
また、エンジンとトランスミッションが一体となっているので、生産コストを抑えることもできます。
近年ではFF車に多く取り入れられているエンジンの一つでもあります。

各々のエンジンの特徴を知り、上手に車選びをしたいですね。