縦置き直列エンジンの特色

車のエンジンには様々な構造がありますが、シリンダーが一直線に並んでいるものを直列エンジンといいます。直列4気筒や直列6気筒などがありますが、直列エンジンを縦に配置したものを縦置き直列エンジンといいます。進行方向に対してシリンダーが縦に並んでいることから縦置きと言われますが、エンジンからミッション、ドライブシャフトまでを一直線に配置できるため、左右のバランスが良いメリットがあります。4気筒までのエンジンでは横置きもありますが、6気筒では縦置きが主流となります。6気筒以上になるとエンジンが長くなるために、大きなエンジンルームが必要とされます。そのため、現在では直列6気筒エンジンはコンパクトなV型6気筒エンジンにするのが一般的です。もちろん6気筒以上のエンジンはほとんど全てがV型となっていますので、6気筒以上の直列エンジンは少なくなっていると言えます。直列エンジンは気筒数が多くなると振動が少なく、なめらかで上質なフィーリングを味わうことが可能ですが、その分だけエンジンが長くなり重量が重くなります。フロントエンジンの車ではエンジンルームが長くなるため、ロングノーズ化する必要があるため、運転もしにくくなります。