水平対向エンジンの特色

私たちの生活の足として欠かせないものとなっている自動車。
通勤や通学、日々の買い物やレジャーなど、様々な場面で活躍をしています。

目的地から目的地まで無駄なく移動ができますし、雨の心配をする必要もありません。
多くの人が自動車の恩恵を受けて日々生活していることでしょう。

そんな自動車の最も重要な部分と聞くと、多くの人がエンジンを思い浮かべるでしょう。
エンジンは走行性能や燃費、振動などに大きく影響し、車を選ぶ際の一つの重要なファクターとなっています。
エンジンについての知識は是非とも持っておきたいですよね。

そこで、自動車のエンジンの一つの種類である、水平対向エンジンについて解説をします。
このエンジンの特徴は、クランクシャフトを中心にピストンが水平・左右対称に配置されている点にあります。
そのため、互いのピストンが慣性力を打ち消しあうので、直列エンジンなどに比較して振動が少ないと言えるのです。

またエンジンの左右の重量分配を平等にできますし、車の重心を低くすることも可能なため、高い走行安定性が期待できるエンジンであるとも言えます。
スポーツタイプの自動車にこのエンジンが多く採用されていることからも特徴がよくわかりますね。

自動車選びの際、参考にしてみてはいかがでしょうか。