オイルを選ぶ基準

自動車のメンテナンス項目にあるエンジンオイル、これは定期的に交換が必要なのです。
これはエンジン内部を循環していて、ピストンやシリンダーの摩擦を軽減するとともにエンジンを内部から冷やす役目もあります。
これはエンジンの回転によって徐々に劣化してしまい、量も徐々に減ってきてしまうのです。
そのために定期的に交換が必要なのです。交換しなければ燃費が悪くなったり、最悪の場合はエンジンルーム内が傷付いてしまう場合や、デポジットといって焦げ付いてしまうこともあります。
点検の方法はエンジンルーム内にゲージがついているので、それを一度抜いてゲージの先を拭いてから再度差し込んで、もう一度抜いて残量と汚れ具合を確認します。
これで残量が規定量より少ない場合や汚れがひどい場合は交換が必要です。
選び方はそれぞれ純正の規格があります、それを入れておくのが一番いいのですが、鉱物油、部分合成油、合成油という違いもあり、合成油はとても耐久性も高く長持ちしますが、その分価格は高めとなります。
よく走行する方は合成油のほうがいいでしょう。
逆に鉱物油はあまり耐久性はありませんが安く手に入れることができるので、こまめに交換する場合に適しています。