オイルフィルターの交換の必要性

エンジンオイルは一定の走行距離ごとに交換するのが一般的ですが、その際には必要に応じてオイルフィルターも交換する必要があります。このパーツはフィルターという名称のとおり、エンジンオイルに含まれている異物を取り除く役割を果たしているものです。エンジンオイルはエンジンの金属部が発する摩擦を少なくする潤滑油としての役割が知られていますが、じつはガソリンの燃えカスや金属の擦れてできた微細な金属粉を取り除く清浄作用も担っています。エンジンオイルがそれらのゴミを浮遊させてフィルターに集積させることで、エンジン内にそれらが堆積することを防いでいるのです。
このフィルターにゴミが集積し続ければ、やがて目詰まりを起こしてしまいます。そうなってしまうとエンジンオイルがフィルターを通過することが難しくなるため、循環機能が低下し、最悪の場合は金属部が溶けてしまう、いわゆる焼きつきという状態になってしまうのです。そうなればエンジンを再生することはほぼ不可能になってしまいます。
このような状態にならないためにも、フィルターは定期的な交換が必要です。目安としてはエンジンオイル交換の2回に1回とされていますが、運転状況により異なる場合もあります。