エンジンオイルの点検と交換の仕方について

自動車にとってエンジンオイルはとても重要なものです。
オイルが極度に汚れていたり、量が足らなかったりするとすぐにエンジンがダメになっていまいます。
そのためメンテナンスなどは、こまめにする方がいいでしょう。
交換時期としては、早ければ早いほうがいいのですがコスト面などを考えると上手にバランスよくしたいものです。
また、良いオイルを使っているからといってあまり換えないよりも、安いオイルでもまめに換えてあげるほうがいい場合もあります。
点検方法は、エンジンを止めオイルが落ち着くまで少し待ってオイルゲージを抜いて一度ウエス等で綺麗に拭き取り、もう一度おくまでしっかりと差し込んですぐに抜いてください。その時にオイル量を図る印が上下に付いているのでその範囲内にオイルが入っているか確認しましょう。同時に汚れや粘りなどもチェックしましょう。
メーカーなどでは、車種によっても違いますが5000km~10000kmでの交換を推奨していますが、ついつい遅れてしまったり忘れがちなので3000km~5000kmをおすすめします。
また、新車で購入した場合最初はエンジン内に鉄粉などが削れて出る場合があるので一回目は1000km次に4000km時にその時、同時にオイルエレメントも替えたほうがいいでしょう。