*

自動車のエンジンは4サイクル内燃機関で、シリンダー内部でピストンが上下に運動をすることで、パワーを発揮する仕組みを持ちます。
シリンダー内(燃焼室)でピストンが下がることでインテークバルブ(吸入口)から燃料が送り込まれ、圧縮したのちにスパークすると大きなパワーを発揮します。
この時に送り込まれる燃料とは、空気とガソリンの混合気で、燃焼室に入った後ピストンを押し上げて圧縮したのち、上死点(最上部)でスパークします。
スパークと共に燃焼し、ピストンを押し下げると、下死点(最下部)から上死点にピストンを押し上げる行程でエギゾーストバルブ(排気口)へ排気ガスを排出します。
おさらいすると、ピストンを燃焼室内で下げて(1)吸入、さらにピストンを上げるとともに(2)圧縮、圧縮したのちに(3)燃焼、燃焼の勢いでピストンを下げ、再度ピストンを上げながら(4)排気というような、2回のピストンの上下で、吸入・圧縮・燃焼・排気という4つの行程を1つの運動として、それを連続させることで駆動力に変換するというものです。
ディーゼル機関も基本的に同様の4行程で駆動力を発揮しますが、大きく違う点として、燃料を予め温めて点火させ(グロースタート)その後は圧縮着火(自己発火)を促すため、スパークプラグを必要としていません。